記事リスト

効率を上げるために利用

女性

運送費込みで計算

現在では世の中で会社が大きくなっていく際には、M&Aといった他業種を買取り、自社のグループに引き込み、トータルでコスト減、パフォーマンスUPを行うことが主流になっています。こういった中で、物流に関しても同様のことが言え、トータル的な営業を行っている企業に相談することで、これまで解決できなかった案件をクリアできる場合があります。中小企業の場合、自社で倉庫の建設が難しい場合が多く、一時的に在庫を保管するスペースとしては物流倉庫を利用することになります。このような場合、通常の自社倉庫からの出荷と比較すると、倉庫代、運送代が別途発生することとなり、物流の絶対量が少ない場合、価格も下がらず思ったような利益が出ない場合があります。しかし、物流倉庫を選択する際に、倉庫への保管と合わせて、物流についても同時に依頼することで、価格が大幅に下がる場合もあるのです。場合によっては、これまでの物流部門も見直し、すべてを依頼することで、大幅な値下げ交渉ができる場合もあります。その為、こうした物流倉庫の選択を行う場合には、その後の運送についても含めて、見積り依頼することが重要になるのです。さらに、こうした総合的な物流サービスを行っている企業は、大会社の資本が入っていることも多く、全国に物流網を確立していることも多くなっています。そのため、物流倉庫の見直しをきっかけとして、これまで採算の合わなかった僻地への納品ができるようになり、新規顧客の開拓に繋がる場合もあります。