記事リスト

収納しやすい

倉庫

整理整頓ができる

法人で職場内の収納スペースが限られてしまい、荷物の置き場所がだんだんとなくなっている場合は、貸し倉庫利用が便利です。保管資料等はある一定の期間を過ぎれば処分して良いものもありますが、永久保存資料もあるでしょう。そうすると、荷物料は増えていくばかりです。貸し倉庫なら、借りたい規模に合わせて依頼すれば、月々の費用を支払うだけで場所を提供してくれます。借りる場合は、どこの地域にどれくらいの規模の貸し倉庫が存在しているのか、まずは不動産会社に相談してみるのも一つの方法です。また、貸し倉庫を運営している会社に直接依頼してみるのも良いでしょう。貸し倉庫にも種類がありまして、屋内型のもの、屋外型のものがあります。きっちり荷物を管理できて、空調等も整っているところが良い場合は屋内型がおすすめです。預ける荷物の内容によって使い分けると良いでしょう。一般的には屋内型の方が月々の費用は高めの設定になっています。基本的に利用する場合は、申込書をメールやFAX等で送信して契約を交わすことになります。荷物は、一般的な配送業者に依頼して取りに来てもらいましょう。また、場合によっては、貸し倉庫に預けた荷物を再び会社に戻して作業で使いたいこともあります。そんな時は申込さえすれば、貸し倉庫業者が荷物を特定し、配送業者に指定の場所まで荷物を届ける手続きを行ってくれます。貸し倉庫を利用すれば、会社内もすっきり整理整頓ができ、仕事もしやすくなるでしょう。